アーティスト紹介|横浜市栄区民文化センターリリスでは、未来に羽ばたく若き演奏家たちを応援しています。

アーティスト紹介

アーティスト紹介

飯村 真理
Mari Iimura

リリス・レジデンス・アーティスト

ヴァイオリン

京都府宇治市生まれ。5歳よりヴァイオリンを始める。京都子どもの音楽教室、桐朋学園子供のための音楽教室を経て、2001年東京藝術大学音楽学部器楽科入学。2005年同大学を卒業。2008年4月よりドイツ・フライブルク音楽大学にてライナー・クスマウル氏に師事。2011年9月よりライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のオーケストラ・アカデミーに在籍。2013年8月よりライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の契約団員を経て、2015年から札幌交響楽団に所属。2017年4月より同楽団第1ヴァイオリン副首席奏者を務める。第11回「日本クラシック音楽コンクール」全国大会審査員特別賞受賞。第7回「コンセール・マロニエ21」弦楽器部門第2位受賞。第9回「Queen Sophie Charlotte Competition」(ドイツ)第3位および奨励賞受賞。横浜市栄区民文化センターリリス・レジデンス・アーティスト。ソリストとしてバーデン・バーデン・フィル、ポーランド室内フィル等のオーケストラと共演。これまでにヴァイオリンを矢嶋佳子、中澤きみ子、清水高師、前橋汀子、ジェラール・プーレ、マグダレーナ・レツラー、ライナー・クスマウルの各氏に、室内楽を矢部達哉、豊嶋泰嗣、渡辺實和子、ロバート・マン、岡山潔、Sylvie Altenburger、Felix Gottliebの各氏に師事。